学生も注目?!|ダクトの無い第一種・全熱交換換気システムpassiv Fanを見聞した結果・・・

先日は2019年入社志願の学生達を対象に

弊社物流センターの見学ツアーを行いました。

 

物流センターに内定前の学生さんが来るのは初めての事でした。学生さんもオリジナル建材を目にするのは初めての経験でした。

 

物流センターはオリジナル建材を保管・製造・加工するための施設です。

 

珪藻土・漆喰・木質系のLOHAS materialの保管をはじめ、

外付けブラインド等の海外から輸入した建材の保管や検品・修理、

EMセルロースファイバーの製造、

第一種・ダクトレス全熱交換換気システムpassiv Fanの組み立て・生産も行っています。

 

 

実機を使ってメンテナンス性の高さをPR、室内側からすべてのパーツを工具無しで取り出せるところに関心が集まった。

 

その中でも実際に見たことのない方も多い

ユニークな換気システムpassiv Fanを紹介させていただきました。

 

 

まずは、物流センターで作っている様子から説明、

こちらの思惑どおり

「OK-DEPOTは換気システムの事業までも手掛けているのか!」と

驚いてもらう事が出来ました。

 

つかみは良かったですが、

次にpassiv Fanの説明に入る時に、

エンドユーザーに近い立場である学生さんに

換気の説明をしたところでわかってもらえるだろうか?

と不安がよぎりました。

 

 

筆者は建築学科卒ですが、

実務に就くまで

換気についてノー知識な不良学生でしたので、

「24時間換気」、「シックハウス」、「第三種換気」、「第一種換気」、「熱交換」といった

専門知識が必要なpassiv Fanの説明を聞いたところで

果たして学生に理解してもらえるだろうか?!

と正直、不安だらけでした。

 

 

で、す、が、感想を頂いたところ、

 

 

・授業で習った第1種と第3種のよさを掛け合わせた発展形のものがある事を初めて知りました。

 

・冬のつらい寒さの中換気をするとすぐに暖かさが奪われますが、passiv Fanがあれば、夏も冬も快適に過ごしやすく、とても良いと思いました。

 

・次の日、学校で友達に早速勧めました。家に是非ともつけたいです。また、専門的な説明でしたが、とてもわかりやすく説明していただきよく理解することが出来ました。

 

 

と、こちらの不安はよそに、

専門的な説明もしっかりと理解され、

むしろ注目の的となってしまいました。

 

 

 

ドライヤーと蓄熱エレメントを使ってpassiv Fanの「熱交換」の仕組みを再現

 

特に注目を集めたのは、

熱交換で得られる快適性と、

メンテナンス性でした。

 

省エネ、ZEHの達成というのもこれからの住まいづくりで重要ですが、

それよりも実際に使う人の立場になって商品が作られていて良い!

というエンドに近い学生から意見をもらえたのはとても嬉しかったです。

 

 

「実際に商品を見たい!」

「商品の説明を聞きたい!」

ご興味のある方はOK-DEPOTサイトのトピックスページよりセミナー情報をご確認ください。

 

個別説明会開催をご希望の方はメールにてご相談くださいませ。

 

 

OK-DEPOT エアラボ 臼井達彦

————————————————————————————-

商品、ブログに関するお問合せ先:

TEL:048-677-6616

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

検索

AIR LABOサイト

OK-DEPOTブログリンク

OK-DEPOT建材サイトリンク

AIR LABO blogお問い合わせ