passiv Fan 製品情報

商品仕様
passiv Fan PFB150s(在来工法)
設置条件
熱交換率
風量
消費電力
比消費電力
蓄熱エレメントの寸法
壁の厚みが155から325mm
最大91%
17~50立方/h
3.4Wh以下
0.136Wh/m3(DCファン)
長さ=150mm
passiv Fan PFS100(リフォーム推奨)
設置条件
風量
消費電力
比消費電力
蓄熱エレメントの寸法
壁の厚みが150から325mm
13~25立方/h
3.4Wh以下
0.272Wh/m3(DCファン)
長さ=150mm
passiv Fan PFB150f(2×4工法)
設置条件
熱交換率
風量
消費電力
比消費電力
蓄熱エレメントの寸法
壁の厚みが130から325mm
最大82%
17~50立方/h
3.4Wh以下
0.136Wh/m3(DCファン)
長さ=125mm
ご注意
サイトの商品写真は色調が現物と異なる場合がありますのでご注意ください。
お客様のモニターでご覧になった場合、基本設定やパソコンの特性により、色調が実際の色と若干異なることがあります。
説明
セラミックの蓄熱体に排気中の熱を貯め込み、給気時に利用するといったダクトレス熱交換換気システム。
蓄熱性能の高い酸化アルミを含むセラミックは、温度交換効率90.5%の最大値を計測しています。
ダクトのない熱交換換気(第1種)でダクト経路を気にする必要がありません。
室内カバー
passiv Fanのカバーはマグネット脱着式です。フィルターの取付けや取替えもワンタッチ
取付ベース オプション
部分的な真壁やリフォームの際に壁厚が確保できない場合でも取付ベースを使用することでpassiv Fanを採用できます。
フィルター PM2.5花粉対応(オプション)
PM2.5対策(オプション)
passiv FanのPM2.5フィルターでは、静電気を永久帯電した繊維で 0.1 μmより大きい微粒子をキャッチし、お部屋の空気を清浄化します。
換気ファン
70秒ごとに正転・反転をおこない、給気と排気を交互に繰り返します。passiv Fanは消費電力が著しく低いDCモーターを標準搭載世界トップシェアの高性能ファンを採用し、優れた耐摩耗性と低電圧で安全性を確保しました。
蓄熱エレメント
passiv Fanの蓄熱エレメントに保温性に優れた酸化アルミを採用することで、高効率の熱交換効率を実現します。
スリーブサポーター 89・105・120角対応(オプション)
EPSでスリーブ管をしっかり固定し、スリーブ管まわりの断熱と取付施工の簡略化をはかります。
耐外風屋外フード
耐外風構造なので、強風時の雨や風の吹き込みを軽減し、安定的な換気量を確保します。
スリーブ管
壁厚325mmまで対応可能
内径:φ154mm
外径:φ165mm
防火ダンパー オプション
防火地域・準防火地域の場合や省令準耐火建築物に採用します。
蓄熱作用による熱交換の仕組み
passiv Fanは第一種・全熱交換換気システムです。全熱交換型は「温度」と「湿気」を回収し交換します。
CYCLE1
まず、換気ファンが正回転し、室内の空気を排気します。そうすると、排気空気に含まれる「熱エネルギー」と「湿気」が蓄熱エレメントを徐々に温め始めます。この動作を70秒間おこない、蓄熱エレメントを十分に温めます。
CYCLE2
次に、換気ファンが反回転し、室外の空気を給気します。先ほど温めた蓄熱エレメントの中を新鮮外気が通り抜けると、冷たい外気もあたたかい空気に変換されて給気されます。蓄熱エレメントの熱がなくなるまでの70秒間を給気します。
*夏期、冷房中では、冷たい空気に含まれる「冷熱」を蓄熱エレメントに貯めこむため、外気を冷ましながら給気します。
passiv Fan蓄熱エレメント 熱交換の様子がドライヤーで体験できるデモキット
ダクトvsダクトレス
第三種換気 第一種換気
一般的に使用されている換気方式は、第三種換気方式と言います。給気口から自然に空気を吸い込み、トイレや浴室などから機械(ファン)で排気する方式です。 第一種換気は、機械的に取り込む空気の量を制御することで、換気のし過ぎや不足を防ぎ、最も安定した換気方式です。
第三種換気システム
(一般的な壁掛けパイプファン)
第一種換気システム
冷暖房のエネルギー効率 冷暖房時に屋外の冷気、暖気が直接入ってくるため、冷暖房のエネルギー効率が悪い 各部屋の温度が均一化され、冷暖房のエネルギー効率が良く省エネ
冷暖房の稼働率 体感温度が不安定なので、冷暖房の稼働率が上がり、エネルギー効率が悪くなる 体感温度が安定し、冷暖房の稼働率が減り、省エネ
室内空気の清浄度 外気のホコリやアレルゲンが室内に侵入しやすく、室内空気が悪くなることがある フィルターによりアレルゲンの侵入を防ぐことが可能で、室内空気がきれい
イニシャルコスト 導入コストが安い 導入コストがかかる
メンテナンスの
のランニングコスト
構造がシンプルなので、メンテナンスのランニングコストが安い ランニングコストがかかる
第1世代の換気(第三種換気)
最も世の中に広まっている換気設備は、第三種換気です。導入コストが圧倒的に安いことから一気に広まりました。しかし、そこから入ってくる空気は冬は冷たく、夏は蒸し暑く、快適とはいえないものでした。
第2世代の換気(第一種換気)
第一種換気設備では、最も安定した換気設備である一方、ダクトを這わせる必要がありましたので、天井が低くなったり、吹抜をつくることが難しかったり、デザインの自由度が低くなることがデメリットでした。
第3世代の換気(第一種・熱交換換気)
換気による「暑さ」「冷え」などの問題を低減してくれるのが、熱交換換気です。 ダクトを通り抜けて外へ抜けていく空気(排気)と外から進入する空気(給気)が熱交換素子という媒体で接触し、温度交換を行うという仕組みです。
第4世代の換気(ダクトレス・第一種・熱交換換気)
passiv Fanはダクトレス第一種換気。 デザインの自由度を損なうこと無く、安定的な第一種換気で熱交換をするというまさに”第4世代の換気”といえます。 メンテナンスも簡単で、女性でも簡単にお手入れができます。

第3世代の換気(ダクト式第一種熱交換) 第4世代の換気(passiv Fan)
フィルターの取り外しに脚立を用意していた第3世代の換気 フィルターや蓄熱エレメントの取り外しも工具なしで行えます
ダクト式第一種換気 ダクトレス式第一種換気
(passiv Fan)
熱交換素子の中で、排気と給気の空気をクロスさせて熱移動を行わせる、それがダクト式第一種換気の熱交換管の方式です。 passiv Fanでは、第一種換気と第三種換気の「いいところ取り」。第三種のようにメンテナンスが容易で、第一種換気のように安定した換気設備です。
ダクト式第一種換気 ダクトレス式第一種換気
ダクトスペース ダクトスペースが必要なのでデザインが制限される ダクトスペースが不要なので、デザインの自由度が広がり、スキップフロア、勾配天井、ロフトなどの空間利用が可能
施工手間 手間がかかる 手間がかからず、工期を短縮できる
施工コスト 高い 安い
電気代 30坪2階建て1棟あたり平均8,000円/年 30坪2階建て1棟あたり1,400円程度
メンテナンス費用 高い 安い
ダクト内汚染 定期的なダクト内清掃が必要となる。長期的にはダクト内汚染の心配がある 熱交換素子である蓄熱エレメントも水洗いが可能なので、汚染の心配が少ない
熱交換素子 主に紙製なので、細菌・カビなどの汚染の心配が指摘されている。セラミックに比べ短寿命 セラミック製で長寿命、カビ等の心配も少ない
換気ファンの寿命 メーカー期待寿命約6年 メーカー期待寿命約15年
メンテナンス費用 経費がかかる。ファンや熱交換素子(エレメント)のクリーニングや取替をプロに頼む必要がある コントローラーの電子部品以外経費がかからない。換気ファンや蓄熱エレメントのクリーニングや取替が自分で行える
湿気回収効率 高い。冬期の省エネ効果が特に高い 低い
室内汚染 室内の浮遊菌を回収しやすく、エレメント内で細菌培養の危険がある 室内の浮遊菌を回収しにくい
冬期の過乾燥対策 過乾燥対策の一助になる 必要
圧力損失 計画ごとにメーカーの考慮を要するため、積算と確認申請が面倒 圧力計算不要→建物の大きさだけわかれば営業でもその場で見積を出すことができる
集中制御することで空気質を保つ

集中コントローラー VM1
コントローラーで6台までのpassiv Fanを制御し、家の中の温度、湿度を適正な状態に保ちます。湿度センサー搭載で換気量自動調整機能付き。フィルターお掃除サインを表示させることで、定期にメンテナンスの時期をお知らせします。
*スイッチボックス付(後付型)深さ 75㎜
*表面パネルサイズ 154×81㎜
*集中コントローラーには必ず弊社指定の専用ケーブルをご使用ください。
*passiv Fanの施工には、少なくともpassiv Fan本体セット、集中コントローラー、専用ケーブルが必要です。

熱交換モード
標準搭載
室内空気の熱とし一家を回収して冷暖房を無駄にせず換気する運転モードです。冷暖房と一緒にご利用下さい。年間を通してご利用いただけます。
留守番モード
標準搭載
長期出張などで不在時に部屋の空気を入れ替えます。120分のうち、15分間だけ換気を行い、超省電力で運転するモードです。
ナイトパージモード
標準搭載
ナイトパージ(外気導入)モード。passiv FanのコントローラーVM1ではナイトモード(室温が外気温度よりも高い時に、熱交換を行わないで直接、外気を給気します)が装備された機種です。夏季の夜から朝にかけて外気を給気することで日中の間、住宅に蓄積された熱を取り除く高断熱住宅に適したシステムです。
湿度監視モード
標準搭載
ウィルスが活性化する乾燥状態、壁などが繁殖しやすい多湿状態、そのどちらでもない約50%の湿度が人の健康に適切と言われています。passiv FanのコントローラーVM1では内蔵されたセンサーがはたらき、湿度の高低を読み取り、適正な湿度状態へ換気量をコントロールする機能があります。
passiv Fanコントローラー 使用方法
季節ごとに運転を切り替えて1 年中省エネ・快適!
電気もほとんど使用しません
電気代
ダクト式は空気の搬送のために多くの電気を使用しますが、passiv Fanは年間使用しても1,400円程度の電気代で済みます。
日本の気候にあわせた商品づくり

国内製造・国内開発
passiv Fan は、厳しい品質基準を通過したものだけしか出荷されません。そのために国内外問わず安心できる品質の原材料を独自のルートで調達し、国内の自社工場で加工、管理することで日本の気候により適した商品の開発研究、安全性などのテストを行い、アフターサービス品質の向上を常にはかっています。
シンプルなのに高機能
passiv Fan の集中コントローラーVM1 はシンプルに操作性を重視した3ボタン配列のデザインです。パネルの大きさは横154×縦81mm で、とてもコンパクトなつくりでお部屋のインテリアも害しません。4つの機能に加え、換気ファンごとに入り切りで きる個別制御機能や、奇数台での運転も可能で、小さいけれどとても高機能なコントローラーです。
湿度を読み取り換気量調節
passiv Fan の集中コントローラーVM1 には湿度センサーを標準搭載。ウィルスが活性化する乾燥状態、壁などが繁殖しやすい多湿状態、そのどちらでもない約50%の湿度が人の健康に適切と言われています。passiv Fan のコントローラーVM1 では内蔵されたセンサーがはたらき、湿度の高低を読み取り、適正な湿度状態へ換気量をコントロールします。
花粉・PM2.5対策

PM2.5フィルター オプション


規格


寸法:180×180 (mm)
厚さ: 1.0 (mm) 
材質:ポリプロピレンファイバーh
入数:PM2.5エアフィルター(白色)6枚
   防塵フィルター(黒色)6枚
カンタンに空気清浄機能がプラス
passiv FanのPM2.5 フィルターでは、静電気を永久帯電した繊維で 0.1 マイクロメートルより大きい微粒子(ホコリ、花粉などのアレル物質などを含む)をキャッチし、お部屋の空気を清浄化します。
静電気永久帯電繊維が目に見えない粒子までキャッチ&ホールド
passiv Fan の花粉フィルター、PM2.5フィルターは静電気力を使って微粒子を捕集します。繊維周りの電界が空気中の非帯電粒子を極性化し、これを帯電させて吸引するメカニズムです。粒子はフィルター材の表面のみならずその内面全体を通じて捕集され、これが捕集能力を向上させます。
0.1μm よりも大きい微粒子をキャッチします
passiv Fan の花粉フィルター、PM2.5フィルターは外から汚れた空気が入るのを防ぎ、室内の空気の汚れを取り除く2 段構えのダブル効果で、室内を快適な空間に生まれ変わります。

(注)タバコの煙の臭いや二酸化炭素などのガス成分は捕集しません。
※ 空気中の微粒子全てを取り除くわけではなく低減します。
こんな方にオススメです
・花粉やその他アレル物質が気になる方
・幹線道路周辺などで室外から侵入する空気の汚れが気になる方
・小さいお子様をお持ちのご家族
取付け方法
「passiv Fan」の室内カバー①を外し、本体から防塵フィルターを外します。ドライバーなどの工具は一切不要です。
室内カバー②を取り外します。取り外しの際には、換気口下の床面に新聞紙などを敷いて作業を行って下さい。
白色の空気清浄フィルターを防塵フィルターの上にかぶせ、室内カバー①②を戻したら作業終了です。
安全にお使いいただくために
● シックハウス症候群を防ぐために24 時間換気を行うことが必要とされています。フィルター装着後も必ず24 時間
  換気を行い、十分な換気が得られない場合は使用を停止してください。
● フィルター装着後、換気に異常を感じたらすぐに使用を停止してください。
● フィルターを2 枚重ねて装着することはおやめください。
● 十分な給気が得られなくなるのでフィルターが汚れたまま使用しないでください。また、汚れていなくても使用期間
  2 ヶ月でフィルターを交換してください。(1.5 ~ 2 ヶ月が使用期間の目安です)
● 本製品は可燃性のため石油、ガス、電気などのファンヒーター、レンジフード用フィルターには使用しないでください。
● 空気清浄フィルター以外の用途で使用しないでください。
● 天災等の不可抗力、お客様の取扱上の不注意、不当な修理、改善等による故障、破損等については保証致しません。
● 小児の手の届かない場所に保管してください。
● 本製品は使い捨てタイプです。
● 本製品は屋内用です。屋外では使用しないでください。
● 強風時には剥がれる場合があります。
● 本製品は微粒子状の物質を捕集しますが、アレルギー症状自体の治癒を目的とした製品ではありません。
● 本製品は、空気中の微粒子を完全除去するものではなく、低減します。
● 本製品の仕様は、予告なく変更することがあります。
施工確実・迅速化
スリーブサポーター オプション
passiv Fan のオプション「スリーブサポーター」はスリーブ管周囲の断熱材充填不良による断熱欠損を無くしながらしっかりとスリーブ管をホールドします。スリーブ管をスリーブサポーターに装着したら、スタッドにビスを留め打ちつけるだけで、迅速かつ確実な施工を行うことができます。